ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

ホーム » おもてなし重とは

おもてなし重とは

「お重」で贈る讃岐の逸品ギフト

これまでに1500組以上を手がけてきたブライダル・プロデューサーの藤田徳子が、結婚式という究極の“おもてなし”で培った目利きを生かし、讃岐の選りすぐりの逸品を選びました。名付けて「ふるさと讃岐 おもてなし重」。そもそも「贈りもの」ってなんだろう?おもてなしのプロであり、「おもてなし重」の生みの親である藤田さんに、贈りもの上手のコツを聞きました。「おもてなし重」の誕生秘話や、2018年7月スタートの新サービスもこっそりご紹介します。

讃岐 おもてなし重 本舗
女将
藤田 徳子
株式会社フェアリー・テイル
代表取締役 ブライダルプロデューサー

1998年ブライダルプロデュース フェアリー・テイルを創業。
アートの島”直島”、”史跡高松城跡”、”栗林公園”などで、「史上初」の結婚式をプロデュースGood Wedding Award 2012 全国準グランプリを受賞、第3回女性起業家大賞奨励賞受賞・・・数々受賞。
「”まちと人がつながりを深める ふるさとウエディング”・・・讃岐からおもてなしをお届けします。」

「おもてなし重」とは

一.
特別な贈りものだから
「重箱仕立て」

重箱は、お正月などハレの日の料理を入れる箱として、江戸時代に誕生しました。それは、特別なごちそうを囲んで人々が集い寿(ことほ)ぐ場の象徴。転じて、お重を重ねることは「福を重ねる」とも言われています。日常に「ハレ」というスパイスを。お祝い事はもちろん、お世話になった方へのお礼や、ビジネスシーンにも、いつもとは一味違うギフトセットです。

二.
「讃岐の逸品」に
想いをのせて

重箱の中身は、讃岐ならではの逸品たち。おもてなしのプロである女将が選りすぐりの品々を揃えました。お重は、中身の組み合わせにもセンスが光ります。お料理好きな方へ、家族とゆっくり過ごしたい方へ…、相手の好みに合わせて選べるテーマ別のお重で、讃岐の風土とともに、あなたの想いを届けます。

第6回
贈りもの上手のコツ(結婚編)

ハレの日から、真心を届ける正式を学ぶ

——— 贈りもの上手のコツ、最後は結婚式について、教えて下さい。

女将結婚式の準備で、来賓者に祝辞をお願いする場合、案内状に依頼文を書いた付箋を挟んだりしますよね。弊社ではあえて使っていないのですが、「なぜ使わないんですか?」とお客様に聞かれるたびに、「ご用意はできますが、それは正式ではないんですよ」とお伝えするようにしています。なぜなら、まだ出席のお返事も頂いてないのに、一方的に祝辞を強いることになりますから。

正式には、招待状とちょっとしたお菓子などを手土産に、まず新郎新婦でご挨拶に伺ってください。「えっ、社長(上司)宅にですか?」と最初は皆さん驚かれますが、理由をお伝えすると納得されますね。

ご挨拶に伺ったら、まず結婚の報告をし、2人の馴れ初めや、彼女(彼)の人となり、2人の今の様子などを伝え、その上で「ご出席いただけるなら、一言ご挨拶をいただけないでしょうか」とお願いします。訪問した際の会話がスピーチの話題提供にもなり、お願いされた方もスピーチを考えやすくなりますね。

こういう正式なやりとりを知らない方が、最近はとても多くて。先日も、ある20代のカップルにその話をすると、「そうなんですか?!」と、早速2人で社長さんのお宅を訪問したそうです。もちろん、社長さんも、快く祝辞を引き受けてくれました。後日、「藤田さんに言われた通りにしたら、社長から若いのに立派なお2人でと言っていただけました。当日の祝辞をはじめ、礼儀正しいと。何より妻のことを褒めてもらえたのがうれしかった」と、報告をいただきました。

——— 何でも効率化が良しとされがちですが、ハレの場だからこそ、省略してはいけないことかもしれませんね。

女将どうしても案内状で祝辞をお願いしなければならない場合でも何人くらいの規模の結婚式で、相手方のご来賓はどんな方がスピーチするか、新郎新婦のなれそめなどを書いたメモを添えてお送りすると、いいと思いますよ。
大切なのは、相手への心配り。モノやカタチだけじゃなくて、真心を届けるやり方を知っておくことが、贈りもの上手のコツかもしれませんね。こういうことを、若い人たちに伝えていくことも、私のミッションだと最近感じています。

結婚式にまつわる贈りもの、あれこれ

——— つぎに、引き出物はどんな風に選べばいいでしょう?

女将一人暮らしの男性、ファミリー、子育てを終えたシニアカップル…、それぞれもらって嬉しいモノが違うので、私どもでは「贈り分け」をお勧めしています。ライフスタイルや相手の好み、お祝いの額に応じて、それぞれに返礼を分けて考えるといいですね。

——— なるほど。逆に祝う側の注意点ってありますか? 結婚式に出席しない場合の結婚祝いなど。

女将例えば、何がいいか、相手に聞いてみるのもいいと思いますよ。海外だと、ブライダルシャワーといって、百貨店などにリストがあり、その中から選ぶというシステムがあります。日本では馴染みがないようですが、せっかくならお相手が望むものを差し上げるのがいいと思います。

それから、お祝いについてお伝えしておきたいのが、「ご親族は結婚式の前にご祝儀を届ける」という習慣が残っている地域もあります。結婚式前の大安吉日に、新郎新婦の自宅へ持参するのが一般的。そういうシーンに備えて、和三盆と昆布茶やさくら茶などを用意しておくと、届けてくださったご親戚の心遣いに報いることができますね。

——— 結婚式に来られなかった方へのご挨拶はどうすればいいでしょう?

女将「内祝いは半返し」とよく言われますね。つまり、いただいた金額の半分程度をお返しするのが妥当であると。けれど、これもケースバイケース。半分でなくても、お礼の言葉と結婚式の2人の写真を添えてお返しできればいいのでは。

それから、新居へ引っ越したら、ご近所へのご挨拶もお忘れなく。手土産は、サラダ油やタオル、洗剤など、相手の負担にならない消耗品を選んで。食べ物もいいですが、好みやご家族の人数がわからないので、消耗品のほうが無難かもしれませんね。のし紙には「ご挨拶」と書き、必ず名前を入れます。初対面の方へ、自己紹介を兼ねているわけですから。

職場へのご挨拶は、さりげなく済ますなら、式の最後にお配りするプチギフトを少し多めに用意しておいて、結婚式の翌日に、一言添えてお配りするといいですよ。

人生の節目だからこそ、ハレとケの「けじめ」をつけて、モノを通じて、言葉を交わす、想いを交わす。それが結婚式の贈りもので、一番大切なことかもしれませんね。

おもてなし重のお買い求め