ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

ホーム » おもてなし重とは

おもてなし重とは

「お重」で贈る讃岐の逸品ギフト

これまでに1500組以上を手がけてきたブライダル・プロデューサーの藤田徳子が、結婚式という究極の“おもてなし”で培った目利きを生かし、讃岐の選りすぐりの逸品を選びました。名付けて「ふるさと讃岐 おもてなし重」。そもそも「贈りもの」ってなんだろう?おもてなしのプロであり、「おもてなし重」の生みの親である藤田さんに、贈りもの上手のコツを聞きました。「おもてなし重」の誕生秘話や、2018年7月スタートの新サービスもこっそりご紹介します。

讃岐 おもてなし重 本舗
女将
藤田 徳子
株式会社フェアリー・テイル
代表取締役 ブライダルプロデューサー

1998年ブライダルプロデュース フェアリー・テイルを創業。
アートの島”直島”、”史跡高松城跡”、”栗林公園”などで、「史上初」の結婚式をプロデュースGood Wedding Award 2012 全国準グランプリを受賞、第3回女性起業家大賞奨励賞受賞・・・数々受賞。
「”まちと人がつながりを深める ふるさとウエディング”・・・讃岐からおもてなしをお届けします。」

「おもてなし重」とは

一.
特別な贈りものだから
「重箱仕立て」

重箱は、お正月などハレの日の料理を入れる箱として、江戸時代に誕生しました。それは、特別なごちそうを囲んで人々が集い寿(ことほ)ぐ場の象徴。転じて、お重を重ねることは「福を重ねる」とも言われています。日常に「ハレ」というスパイスを。お祝い事はもちろん、お世話になった方へのお礼や、ビジネスシーンにも、いつもとは一味違うギフトセットです。

二.
「讃岐の逸品」に
想いをのせて

重箱の中身は、讃岐ならではの逸品たち。おもてなしのプロである女将が選りすぐりの品々を揃えました。お重は、中身の組み合わせにもセンスが光ります。お料理好きな方へ、家族とゆっくり過ごしたい方へ…、相手の好みに合わせて選べるテーマ別のお重で、讃岐の風土とともに、あなたの想いを届けます。

第5回
贈りもの上手のコツ(ビジネス編)

お中元・お歳暮は、日頃の感謝をどう伝えるか

——— 前回に続いて、今回はビジネスシーンでの贈りもののコツについて、教えて下さい。

女将ビジネスで一番よく使う贈りものといえば、お中元・お歳暮ですね。会社同士の場合、品物は、毎年同じものでもいいと思うんですよ。「いつもあれを送ってくれる会社」と、品物によって会社を印象づけられたり。

ただし私は、宅急便で品物を送るのではなく、実際にご挨拶に出向くようにしています。お中元・お歳暮は、1年の節目に、日頃の感謝をモノに託して伝えるもの。普段はメールや電話でコミュニケーションしていても、大事なときは「顔を合わせて言葉を交わす」というのが、やはりお付き合いの基本かなと思います。

——— あくまでご挨拶が目的ということですね。

女将もちろん可能な範囲でいいと思います。弊社の場合は、お正月に取引先を回るようにしています。訪問すると、かえって迷惑をかけるのでは?と思うかもしれませんが、長居をするわけではないですし、「お忙しいところ恐縮ですが、少しだけご挨拶に参りました」と言えば、相手も「わざわざご丁寧に有難うございます」となるわけで。何を話すか、何を贈るかも大事ですが、やはり「会う」ことに意味があると思いますね。

——— 県外や遠方の方など、足を運べない場合は?

女将できれば、「季節のご挨拶をお届けしました」と事前にお手紙をお送りするのがいいと思います。もちろん、品物に同封してもいいけれど、別に挨拶状を送る方がより丁寧。

ものを送るときは事前にお便りし、いただく側も「届きました」と一報送る。こうしたちょっとした相手へのはからいが、長いお付き合いの秘けつかもしれませんね。

手土産は、お付き合いの潤滑油
心が緩む “サプライズ”をお届けする

——— 取引先への手土産の場合は、どうすればいいでしょう。

女将取引先へ出向くとき、「道中で見つけたのでお口汚しに」とか「暑いときなので冷たいものもってきました」「寒いから温かいものでもどうぞ」とか。一言添えて、贈るのが手土産。それをしたからといって、仕事の中身が変わるわけではないけれど、お付き合いの中でちょっと心が緩む、緊張をほぐしてくれる、そういう潤滑油になってくれるのが手土産だと思うんですね。

品物を選ぶときは、手間がかからず、その場で開けて職場で楽しんでもらえるもの。お菓子なら、小包装で日持ちするものを選ぶようにしています。県外に持参して、意外と評判が良かったのは、うどん県の付箋ですね。職場で分けられるし、文房具ならいくつあっても困らないので。

——— 改まったシーンではどうすればいいでしょう? 例えば、経営トップにお会いするときなど。

女将お相手が県外の方なら、事前に配送しますね。
例えば、アポイントの前日に届くように盆栽やオリーブの木を送り、当日はお菓子など簡単なものを手土産に持参します。当日伺うと、早速玄関やお部屋に飾って、「香川県って、オリーブが県木なんですね」とわざわざ調べておいてくださる方もいて、相手の粋なはからいに感動することも。「こちらこそ、御社とのご縁が根付くようにと思いまして」なんて、初対面からぐっと距離が近くなりますよね。

——— なるほど。初対面でさりげなく気の利いたご挨拶ができると効果的ですね。

女将ほかにも、旬のみかんやレモンを箱で送ったこともあります。職場の皆さんで分けてくださいと。ご当地ものというだけでなく、季節感や旬を贈る、お付き合いの潤滑油としてちょっとした“サプライズをお届けする”というのもいいと思います。(つづく)

おもてなし重のお買い求め