ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

ホーム » おもてなし重とは

おもてなし重とは

「お重」で贈る讃岐の逸品ギフト

これまでに1500組以上を手がけてきたブライダル・プロデューサーの藤田徳子が、結婚式という究極の“おもてなし”で培った目利きを生かし、讃岐の選りすぐりの逸品を選びました。名付けて「ふるさと讃岐 おもてなし重」。そもそも「贈りもの」ってなんだろう?おもてなしのプロであり、「おもてなし重」の生みの親である藤田さんに、贈りもの上手のコツを聞きました。「おもてなし重」の誕生秘話や、2018年7月スタートの新サービスもこっそりご紹介します。

讃岐 おもてなし重 本舗
女将
藤田 徳子
株式会社フェアリー・テイル
代表取締役 ブライダルプロデューサー

1998年ブライダルプロデュース フェアリー・テイルを創業。
アートの島”直島”、”史跡高松城跡”、”栗林公園”などで、「史上初」の結婚式をプロデュースGood Wedding Award 2012 全国準グランプリを受賞、第3回女性起業家大賞奨励賞受賞・・・数々受賞。
「”まちと人がつながりを深める ふるさとウエディング”・・・讃岐からおもてなしをお届けします。」

「おもてなし重」とは

一.
特別な贈りものだから
「重箱仕立て」

重箱は、お正月などハレの日の料理を入れる箱として、江戸時代に誕生しました。それは、特別なごちそうを囲んで人々が集い寿(ことほ)ぐ場の象徴。転じて、お重を重ねることは「福を重ねる」とも言われています。日常に「ハレ」というスパイスを。お祝い事はもちろん、お世話になった方へのお礼や、ビジネスシーンにも、いつもとは一味違うギフトセットです。

二.
「讃岐の逸品」に
想いをのせて

重箱の中身は、讃岐ならではの逸品たち。おもてなしのプロである女将が選りすぐりの品々を揃えました。お重は、中身の組み合わせにもセンスが光ります。お料理好きな方へ、家族とゆっくり過ごしたい方へ…、相手の好みに合わせて選べるテーマ別のお重で、讃岐の風土とともに、あなたの想いを届けます。

第2回
「おもてなし重」の誕生秘話。

何をすれば、おもてなし?

——— 最近にわかに「おもてなし」という言葉が注目されていますが、女将にとって「おもてなし」とはどういうことだと思いますか?

女将日本人ならなんとなくはわかる感覚だけれど、「何をすれば、おもてなしか」と言われると、難しいですね。そのせいか、今はビジネスや慶弔時のマナーなど、カタチばかりに目が行きがちですが、おもてなしの本質は、相手への心配り。その心遣いや「こうありたい」という願いを表すものとして、日本ならではの「型」が生み出されたんですね。

——— 「想いをカタチにする」って言いますものね。やっぱりカタチに表さないと、気持ちって伝わりにくいものなんですね。

女将そう。その表現が、贈りものであったり、人を招くときの料理やしつらえだったり、相手の気持ちを察する気遣いであったり…。相手への想いを、行動やカタチに写していくことが「おもてなし」でしょうか。

——— なるほど。
ところで、「おもてなし重」はどうやって生まれたんですか?

女将「おもてなし重」は、讃岐のとっておきを集めた贈りものギフトとして、2010年にスタートしました。最初は、結婚式の引き出物として考案したのですが、じつはこれ、私の実体験から生まれたものなんです。

——— 実体験というと?

女将以前、鳥取県の友人の結婚式に招かれたことがあって。当日は、香川から車で本州に渡り、米子道を大山や蒜山高原を見ながら走り、やがて「日本海が見えてきた!」って、土地の景色を楽しみながら式場に向かったんですね。

ところがホテルに入った途端、どこでも見る光景で。せっかくこんなに魅力的な土地なのに、鳥取らしさが感じられなかった。たしかに、心づくしのおもてなしや彼女のウエディング姿は綺麗だったけれど、なにか箱の中に入ってしまったようで、ちょっぴり残念だったんですね。

——— たしかにホテルって、全国どこも似たような印象ですね。

実体験から生まれた「おもてなし重」

女将翌日は、同席した友人たちと、港で日本海ならではの干物を買ったり、道の駅でジャージー牛のお菓子を買ったりしながら帰りました。そのとき、友人の一人が「せっかくなら、引き出物もカタログギフトじゃなくて、彼女が嫁いだ鳥取のものがあったらいいのに」ってポソっと言ったんです。

もしかして、私たちのウエディングのお客様も同じことを感じているんじゃないかなぁと、そのとき思いました。「カタチ」には意味が備わると言いましたが、全国どこも同じしつらえだと、せっかくの二人が生まれ育った故郷の匂いも消してしまう。それがもったいないなと思ったんです。

土地らしさを伝える

——— 県外から招かれたゲストにとって、その土地を味わうことも楽しみの一つですものね。その期待に応えるのも、おもてなしの一つだと。

女将早速、私たちの目利きで、あれこれ讃岐の美味しいものを集めました。でも、並べてみたら「道の駅で買ったまんまやねぇ」って(苦笑)。パッケージがバラバラで、お土産物感がぬぐえないんです。

——— まぁ、ハレの日感はないですね(笑)。

女将そこで、私たちの試行錯誤がはじまりました。

まずは入れ物。おめでたい日の箱といえば、重箱です。
お重には「幸せを重ねる」という意味が込められているんですよ。

それに、中身の食べものは残らないけれど、何か一つ、手元に置いて使っていただけるものがあればと思ったので、使い捨てではなく、讃岐の職人が一つひとつ手づくりした貼り函でオリジナルの重箱をつくりました。

品物の素朴さはその土地の空気を伝える意味ではいいけれど、一方で、もらった人が「わたしのために整えてくれたものだ」と、ちゃんと贈り主の想いを感じられるしつらえでないといけません。

土地の匂いと贈り主の気持ち。その両方を叶えることが、私たちが「おもてなし重」で一番大事にしていることですね。(つづく

おもてなし重のお買い求め