ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

ホーム » 日々のこと

日々のこと

おいでまい と 秋の限定おもてなし重

2016年10月21日

おいでまいとは、平成25年にデビューした、香川県のオリジナル米。

ネーミングは、「お越しください」「いらっしゃい」といった意味合いの讃岐弁から来ています。

 

おいでまいは、選ばれた生産者だけが生産することを許され、厳しく品質管理されます。その結果、粒ぞろいが良く、明るく艶があり、どんな料理とも合う良質なお米になっています。

 

一般財団法人日本穀物検定協会が毎年実施している「米の食味ランキング」において、おいでまいは2年連続(25年産、26年産)「特A」と評価されました。これは、高品質なお米として知られる新潟魚沼産「コシヒカリ」等と同じ最高ランク。

おいでまいは、単なるご当地米の枠を超え、本当に美味しいお米として認知されつつあります。

 

「秋の限定おもてなし重」では、このおいでまいを豆菓子とセットにしました。

 

豆菓子に使用している黒豆は県産の「香川黒」。香川黒は「丹波黒」で有名な丹波系黒大豆で、丹波黒に比べて、粒ぞろいや色、香りが良いのが特徴です。

香川黒の豆菓子はそのままでももちろん美味しくお召し上がり頂けますが、特に砂糖のかかっていない方の香川黒は、おいでまいと一緒に炊くと美味しい“讃岐の豆ご飯”がお楽しみいただけます。是非一度お試しください。

11301552_565bf2192d870.jpg

 

「おもてなし重」の魅力について

2016年7月 6日

先日、とあるお客様とブライダルの打合せをしていたときのことです。
 
引き出物についてご希望をお聞きしたところ、お客様は「こちらの思いを一方的に押し付けるのは暑苦しくて嫌なので、カタログギフトしか考えていない」とのこと。しかし、せっかく香川県を訪れてくださるならば、香川県らしいもの、それも目利きのある香川県民が選ぶような、本当に良いもの、美味しいものをと思い、僭越ながら「おもてなし重」のご紹介をさせていただきました。
 
その結果、「カタログギフトしか考えていない」とおっしゃっていたお客様に、なんと「おもてなし重」をご採用いただけることとなりました。
 
もちろん、カタログギフトを否定するわけではありません。受け取る側に選んでいただく方が良いケースもあると思います。しかし、本当に大切な人に対して「きちんとお礼がしたい」、「喜ぶ顔、驚く顔が見たい」と思ったとき、商品の選定にはその人なりの「こだわり」が不可欠なのではないかと思います。それは一方的な押し付けなどではありません。
 
「おもてなし重」は、ブライダルプロデューサーとしてさまざまな結婚式のスタイルを見届けてきた女将:藤田が、讃岐らしい品、さらには、私どもの選りすぐりの逸品をお届けしたいと、目利きした商品を取り揃えています。
 
讃岐の特産品や老舗の逸品などこだわりのあるものを贈ることで、受け取った皆様がまず「お重」に驚き、お重を開けた時、さらに楽しい気持ちになって笑みがこぼれる。そんなシーンを想像しながら、スタッフは日々、心を込めてお重を詰めています。
 

瀬戸内の景色.jpg

 

おもてなし重の成り立ちについて

2016年6月22日

omotenas_03332.jpg
 
 
おもてなし重は元々、結婚式の引き出物として生まれました。
 
それまで引き出物といえば、全国どこでも同じような内容のカタログギフトが一般的でした。ある意味「究極の贈答品」ともいえる引き出物がそのような画一的なものであることに、おもてなし重本舗女将:藤田はブライダルプロデューサーとして疑問を感じていました。
 
讃岐の地で式を挙げるために、わざわざ県外から多くの方にお越しいただくのだから、やはり讃岐ならではの引き出物をセレクトしたい。しかし、当時の県産品はどうしても「お土産」の色合いが強く、贈答品としては商品力やパッケージデザインの面で少し物足りないものが多いのが実情でした。
 
そこで“おもてなし”のシーンにふさわしい商品をブライダルプロデューサーの視点から自身の目利きでセレクトし、お重に見立てたのが「おもてなし重」です。商品のひとつひとつは少しボリュームを抑え、讃岐の良いもの色々楽しんでいただけるようにアソートしました。
お重は紙製ではありますが、香川県内で熟練された職人がひとつひとつ手作業で作っています。強度も十分にあり、後々は別の用途にもお使いいただけます。
 
結婚式という究極の“おもてなし”の場から生まれたおもてなし重は、ご家庭やビジネスでの贈り物にも幅広くお使いいただけます。
是非、大切な方への“おもてなし”にお役立ていただければ幸いです。
 

おもてなし重の"おもてなし作業"について

2016年6月18日

おもてなし重本舗では、お客様のご要望に細やかに対応できるよう、ご注文をいただいてからひとつひとつ心を込めて手作業で重箱に詰めています。

 

まず重箱に丁寧に商品を詰め、商品カードを添えて内紙を閉じます。内紙はその段ごとに異なったデザインになっており、讃岐の風習・文化をお伝えする文章が記載されています。内紙を閉じたら段を重ね、最後に外紙を回します。外紙は、春夏は清々しい碧い瀬戸内海を、秋冬はお庭の国宝と言われる栗林公園の冬景色を、モチーフにデザインされています。もちろん、ご希望に応じて熨斗を添えることも可能です。※1

 

サイトへ掲載されている商品の組み合わせ以外にも、ご要望に応じてカスタマイズすることが可能ですので、遠慮なくお申し付けください。※2

 

 

※全体を覆う掛け紙ではなく、熨斗部分のみを短冊にしたオリジナルデザインの「短冊熨斗(たんざくのし)」を使用させていただいています。お子様のご出産祝いの内祝いに沿える「命名札」や、花嫁さんの名前を紹介する「名披露札」などもご用意させていただきます。(別途有料)

 

※商品の特性上、「常温」「冷蔵」「冷凍」、それぞれの温度帯に適不適がございます。商品の組み合わせによっては、同一のお重に組めない場合がありますので、ご注意ください。詳しくはご相談ください。

13442068_1070211259726203_95873731_o.jpg   13414697_1067558399991489_737479400_n2.jpg   13434109_1067558319991497_732800438_n2.jpg   

オリーブ農園「創樹」の記事を更新しました

2015年12月25日

「逸品のこだわり」ページに、オリーブ農園「創樹」の記事を追加いたしました。

手作業と鮮度にこだわるオリーブ農園・創樹

IMG_1008-2.jpg

洗練された商品パッケージと、その品質が高く評価され、オリーブ農園の中でも

一際輝く存在の創樹さん。インタビュー時、肉体労働を伴う農園内の職場にも

女性の姿が多く見られ、皆さん笑顔で挨拶される姿が印象的でした。

IMG_0997-3.jpg

おもてなし重では、通年商品としてオリーブの佃煮「佃蔵」を、また季節商品として

エクストラバージンオリーブオイルを取り扱っております。

 

県産の高品質オリーブを使った商品を是非お試しください。

 

‹ 前へ 1  2  3  4  5