ようこそゲスト様!会員の方はこちらからログインしてください。新規会員登録はこちらから。【300ポイント】プレゼント中!

ホーム » 日々のこと » おもてなし重の成り立ちについて

日々のこと

おもてなし重の成り立ちについて

2016年6月22日

omotenas_03332.jpg
 
 
おもてなし重は元々、結婚式の引き出物として生まれました。
 
それまで引き出物といえば、全国どこでも同じような内容のカタログギフトが一般的でした。ある意味「究極の贈答品」ともいえる引き出物がそのような画一的なものであることに、おもてなし重本舗女将:藤田はブライダルプロデューサーとして疑問を感じていました。
 
讃岐の地で式を挙げるために、わざわざ県外から多くの方にお越しいただくのだから、やはり讃岐ならではの引き出物をセレクトしたい。しかし、当時の県産品はどうしても「お土産」の色合いが強く、贈答品としては商品力やパッケージデザインの面で少し物足りないものが多いのが実情でした。
 
そこで“おもてなし”のシーンにふさわしい商品をブライダルプロデューサーの視点から自身の目利きでセレクトし、お重に見立てたのが「おもてなし重」です。商品のひとつひとつは少しボリュームを抑え、讃岐の良いもの色々楽しんでいただけるようにアソートしました。
お重は紙製ではありますが、香川県内で熟練された職人がひとつひとつ手作業で作っています。強度も十分にあり、後々は別の用途にもお使いいただけます。
 
結婚式という究極の“おもてなし”の場から生まれたおもてなし重は、ご家庭やビジネスでの贈り物にも幅広くお使いいただけます。
是非、大切な方への“おもてなし”にお役立ていただければ幸いです。